アドレス125とアクシスZの違いを比較

Z アクシス Z アクシス Z アクシス

アクシスZよりも車体が大きいN-MAXやPCX、シグナスXよりも大容量の収納スペースを確保していて、実用性が高いです。

【現在2万8千キロ突破】ヤマハ アクシスZを1ヵ月以上乗っての評価|シグナスXとの比較

Z アクシス Z アクシス Z アクシス

2015年6月18日にマイナーチェンジ。 定期的なメンテナンスで行っているものは、• 1kgまでのバックや買い物袋がさげられて便利です。 仕事で30分前後走る事がありますが、それ以上アクシスZで走るのは個人的に嫌な固さです。

8

アクシスZ カスタムまとめ

Z アクシス Z アクシス Z アクシス

2017年12月8日にマイナーチェンジ。 プラグ交換(1年に1回定期点検毎) 正直これくらいしかやっていないですが、まだまだ元気に走っているのでこれからも頑張ってもらいます。 どんなスクーターでも常にフルスロットルで全開加速したい方は、シグナスXやN-MAXなどの上位車種を選びましょう。

アクシスZ カスタムまとめ

Z アクシス Z アクシス Z アクシス

フロアステップの後部で左右計で30mmの絞り込みを行い、足つき性を向上。 はっきり言って、街乗り専用です。 明らかに出っ張っていますが、シートを閉めます。

10

アクシスZ(AXIS Z)のインプレ|乗り心地・足つき・加速・操縦性・排気音・コーナリング・制動力など

Z アクシス Z アクシス Z アクシス

ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1〈新色〉 ヤマハの125ccスクーター(2輪)は、4機種のラインナップがあるが、最も廉価なモデルがこれ。 これまで、水冷・SOHC4バルブで重量の重たいスクーターに採用されることが多かったですが、燃費と走りを両立させたエンジンと車体が軽いアクシスZは最高の組み合わせだと評価できます。 。

12

アクシスZ(AXIS Z)のインプレ|乗り心地・足つき・加速・操縦性・排気音・コーナリング・制動力など

Z アクシス Z アクシス Z アクシス

大容量の収納力がある シート下には37Lものスペースが用意されていて、フルフェイスのヘルメットなら2つ入れることができます。

7

ヤマハ最強の通勤快速!「アクシスZ LTS125」は軽さと扱いやすさ、同社クラス最高燃費が自慢なのだ!

Z アクシス Z アクシス Z アクシス

給油する際は鍵をここに刺して取り外します。 シート下の物を出すのにいちいちエンジンを切らなければいけないのは、時として煩わしく感じることがあります。

【ヤマハ アクシスZ試乗】信号の多い街なかを普段使いして、実走燃費57km/Lって素晴らしい。|Motor

Z アクシス Z アクシス Z アクシス

定番のHID化、LED化だけでなく、インナーのブラックアウト化やイカリング装着など、たくさんのカスタム方法が存在します。 車体色は、4色 グレーイッシュブルーメタリック8、ホワイトメタリック1、ダークグレーメタリックM、ダルレッドメタリックD の設定。 実用的な通勤用スクーターという基本コンセプトは、前モデルから受け継いだものだが、ヤマハが「BLUE CORE」と呼んでいた環境性能に優れたエンジンと、新しい軽量なフレームの採用などにより、優れた燃費数値を実現していた。

1