研究室紹介

グルタミナーゼ トランス グルタミナーゼ トランス グルタミナーゼ トランス

一方、過剰なグルタミン酸は、グルタミン酸受容体の過剰な活性化によりグルタミン酸興奮毒性と呼ばれる神経細胞障害作用を持つことが知られている。 Human molecular genetics, 19 15 , 3053-67. 図1に示したトランスグルタミナーゼの反応メカニズムを考察すると、多くのアミン化合物がトランスグルタミナーゼの活性を抑制することができるものと期待される。

20

タンパク質を架橋する酵素 トランスグルタミナーゼ: 構造、特徴など

グルタミナーゼ トランス グルタミナーゼ トランス グルタミナーゼ トランス

(共同研究:兵庫医科大学 山西清文 教授、名古屋大学 秋山真志 教授らのグループ) TGase 3の特異的なモノクローナル抗体を供与できます。 本発明において、トランスグルタミナーゼ活性の増加による疾病は、トランスグルタミナーゼの活性の増加、例えばトランスグルタミナーゼの過剰発現などにより引き起こされる各種疾病を含むが、具体的には神経系疾患と癌を含む。 slc1a2とslc1a3を抑制すると、mGluR1依存性EPSCの振幅が増加し、介在神経の発火が増強され、結果としてCA1錐体細胞の抑制が増強されたる。

グルタミン酸トランスポーター

グルタミナーゼ トランス グルタミナーゼ トランス グルタミナーゼ トランス

Mutation in the glutamate transporter EAAT1 causes episodic ataxia, hemiplegia, and seizures. フィブリンも初めはフィブリノーゲンという名前で溶けていますが、トロンビンと言う酵素で切断されて、これがトランスグルタミナーゼ(Factor XIII: 13番目に働くタンパク質なのでこう呼んでいます)によって架橋重合されます。 経時的に1,4,7,24時間後に分取し、TG活性をハイドロキサメート法により測定した(第7図)。

14

トランスグルタミナーゼ抑制剤として有用なグルコサミンまたはその誘導体

グルタミナーゼ トランス グルタミナーゼ トランス グルタミナーゼ トランス

The Journal of clinical investigation, 117 7 , 1763-70. そのため、グルタミン酸含量の高く旨味の強いしょうゆをつくるには、経路bが重要であると考えられています。 The Journal of physiology, 587 Pt 19 , 4575-88. Journal of the neurological sciences, 193 2 , 73-8. 【産業上の利用可能性】 【0038】 本発明によれば、グルコサミンまたはグルコサミン誘導体を活性成分として含むことを特徴とする、トランスグルタミナーゼ抑制剤およびトランスグルタミナーゼの抑制方法を提供することができる。

5

多彩な“食感”を生み出す「トランスグルタミナーゼ」の分子ガストロノミーへの応用

グルタミナーゼ トランス グルタミナーゼ トランス グルタミナーゼ トランス

トランスグルタミナーゼとは トランスグルタミナーゼは酵素の一つであり、主に タ ンパク質とタンパ ク質をつなぎ合わせる(架橋する)活性を持ちます。

魚卵の卵膜硬化に関連するトランスグルタミナーゼ活性

グルタミナーゼ トランス グルタミナーゼ トランス グルタミナーゼ トランス

筋萎縮性側索硬化症患者の脊髄においてグルタミン酸取り込み能とslc1a2の発現量が減少している。 利用 [ ] 人などの動物が生産するトランスグルタミナーゼは依存性であるが、微生物の生産するトランスグルタミナーゼはカルシウムイオン非依存性であって、幅広い利用に適している。 また、もしプロMTGのプロ構造部のみを選択的に分解し、かつトランスグルタミナーゼ本体の過分解をできるだけ起こさないプロテアーゼを利用できれば、活性型トランスグルタミナーゼの製造に有利であると考えられた。

19